申請書の“顔写真”

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 11:09

 

在留資格の申請書には、“顔写真”を貼る箇所があります。(申請書1枚目の右上)

ここに、みなさん割と何気なく、そこらへんにある顔写真を用意して貼る人がいるのですが、

ちょっと待って!!

この“顔写真”にも、一応決まりがあります。

 

サイズについて

・縦4cm40mm)×横3cm30mm

・頭の上の空白は5mm±3mm

・顔部分(髪を含む頭頂部から顎まで)は、25mm±3mm

・顔の左右の中心は、15mm±2mm

背景(影を含む)がないもの

無帽で正面を向いたもの

鮮明であるもの

提出日の3ヶ月以内に撮影されたもの

 

意外と細かい決まりですね。

 

これが、実務の場面でどれくらい厳密に守られているのかですが・・・

 

正直、,砲弔い討蓮△修海泙埜渓ではないです。

というか、だいたいその辺の証明写真撮影機械で普通に撮影すると、この範囲内に収まるはずなので、あまり気にする必要はありません。

 

△砲弔い討蓮背景がなければ何色でも構いません。

日本の証明写真は、一般的に白か水色が多いのですが、外国の方ですと、真っ赤の背景とかもありますが、特に問題ありません。

 

も、まぁ横向いて証明写真撮る人なんていないと思いますが、国によってはちょっと斜め向いて証明写真撮る方もいるようで…。

ちょっとくらいの斜めだったら許容されているケースがほとんどです。

 

い蓮∋々あるのが、何かのデータを引っ張ってきて引き延ばして印刷したところ、あれ?不鮮明?という場合ですが、粒子が粗くて判別できないよ!というレベルでなければ、まぁだいたい大丈夫です(笑)。

 

問題はイ任垢諭

ぶっちゃけ、撮影した日なんてわかんないし、いいでしょ。

と思って、結構昔の写真を出してきたりする人がいるようです。

確かに、証明写真なんてそんなに頻繁に使うものでもないし、昔撮影したのが余ってるから、これ使っちゃおう、って思う気持ちもわかります。

しかし、入国管理局はしっかり見ています。

例えば、前回(3ヶ月以上前)在留資格を申請した際に使用した写真や、パスポートに使用した写真と同じものだった場合、

申請の時点では特に指摘はされませんが、新しい在留カードの受取の際に、拒否され、きちんと3ヶ月以内に撮影した写真を再度提出するように要求されます。

 

十分に注意しましょうね。

 

 

 

 

就労ビザに関するご相談は、“就労ビザ.com”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”就労ビザ.com”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。

今回提出しようするその書類、過去提出した内容と本当に相違ありませんか?

  • 2017.08.10 Thursday
  • 12:01

これまでのブログでも、過去に提出した書類との整合性について何度も記事にしてきました。

 

例えば、過去に提出した履歴書との相違による不許可。

過去に提出した在職証明書の内容との相違による不許可。。。等々

 

これらの例以外にも、

例えば過去に退去強制や送還の経歴がある方が、

数年たって再度日本に短期滞在等で入国する際、

入国審査の時に、過去の送還歴等についてのチェック項目に、当然「あり」にチェックをするべきですが、

「なし」にチェックをしてしまい、虚偽申告とされるケースもあります。

 

入国管理局の審査において、

一度”虚偽”だとみなされると、これを覆すのは非常に困難です。

それは、もしかしたら、本人の”うっかり”だったかもしれません。

しかし、本当に”うっかり”だったのか、”軽い気持ち”だったのか、”悪意があって故意にやったのか”は、

本人しか知るすべがなく、これを証明することは非常に困難だからです。

 

だから、何度でも言います。

 

今回提出しようするその書類、過去提出した内容と本当に相違ありませんか?

 

 

 

就労ビザに関するご相談は、“就労ビザ.com”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”就労ビザ.com”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。

過去申請時の経歴との不一致による不許可

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 14:08

就労の在留資格を申請する場合、過去の経歴(学歴・職歴)についても申告していきます。

そして、もし過去に何らかの申請に自身の経歴を申告していた経緯がある場合、

今回の在留資格申請において、その過去の申告内容との照合が行われます。

 

例えば、過去に就労ビザの申請をしていた場合、履歴書を入国管理局に提出しているはずですが、

その内容と、今回申請時に提出した履歴書の内容に相違がある場合、

”申請内容に信ぴょう性がない”との理由で、申請が不許可となってしまいます。

 

自分の就労ビザであれば、基本的に経歴を間違えるというようなことはないはずですが、

例えば、代理機関を通して申請している場合、

きちんと申請内容を確認していないと、事実と異なる書類が提出されてしまっていることもあります。

 

また、自分の就労ビザだけでなく、家族のビザの申請時に自分の経歴を提出している場合もあります。

よくある例としては、自分の子供が日本へ留学する際、その経費支弁者として、仕事内容や経歴について証明書を提出しているケースです。

留学ビザの場合、代理機関を通して申請されることも多く、仕事内容を証明する書類として事実と間違った書類が提出されてしまい、いざ自分が就労ビザを申請する場合、当時の提出資料と照合され、経歴内容の相違が見つかり、”申請内容に信ぴょう性がない”として不許可となってしまうケースを、当社でもよく見ます。

 

このように、過去の書類との整合性がなく、不許可となった場合、

この資料が正しい資料です、と改めて申告していくことになるのですが、

一度提出してしまったものを覆すのは難しく、よほどの説得材料がない限り、許可の可能性は極めて低くなります。

また、「代理機関が申請したのでわかりませんでした」という言い訳も、ほとんど通用しません。

 

たかが履歴書、と思わず、

うろ覚えであれば、きちんと機関や時期(退職日、就職日等)を確認したうえで、

精確な資料を提出しましょう。

 

 

 

 

 

就労ビザに関するご相談は、“就労ビザ.com”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”就労ビザ.com”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。